社会福祉士通信講座 | 自宅学習

社会福祉士の国家資格を自宅学習で取得したい

社会福祉士の国家資格が年々注目度を集めています。
多様化する現代社会で「社会福祉」のスペシャリストが必要とされてきました。

 

今まではどこかの専門学校に通って勉強し、受験していた。
しかし今は受験資格さえ持っていれば、自宅学習でも着実に合格へ
たどり着ける『通信講座』があります。

 

          通信講座を活用して資格取得にチャレンジする目的は人それぞれです。

安定した職に就きたい

長引く不況の中、かつての経済的豊かな日本は姿を変え、退職金や年金も期待できない今、
少しでも安定した職業に就きたいというニーズは高まるばかりです。

 

学生さんならば、学校の授業では学べない分、ダブルスクールで別枠で時間とお金を使い、
就職に役立つ資格を取ることが珍しくない傾向になってきました。又、社会人の方々においては、
現在勤めている職場から「もう明日から仕事ないから来なくていい」と言われたら・・・。

 

そういった不安、心配から、今のうちに何か仕事に役立つ資格を取っておきたい、
スキルアップを資格取得として残したい、そんな人が増えてきています。
新卒の方も、転職の方も、誰しも安定した需要のある仕事を求める時代です。

 

中でも「福祉」関係のお仕事をしたい人は今『社会福祉士』の国家資格が非常に注目を集めています。

 

やりがいのあるお仕事がしたい

いくら生活のために仕事を選ばなくてはいけないにしても、“やりがいのある仕事”、
或いは好きな仕事でなければ長続きしません。

 

何度も転職を繰り返すようでは、生活も不安定になる一方です。

 

社会福祉士という資格は、資格をとったら収入が大きくアップする、というものではありません。
しかし、多くの人が資格を取る過程において大きな学びを得て良かったと言っています。

 

自分の老後を見据えて、今のうちに学んでおきたい

「少子化」と「高齢化」という大きな問題を日本はかかえております。
年々子供の出生率は下がり、その上65歳以上の人が日本の人口に締める割合は増える一方です。

 

このような現状の中で、年をとっても生活の質を保ち、人生に生きがいを持って生活していくことは
だれしも望むことでしょう。年をとるにつれて体が次第に動かなくなってきます。
病もあちらこちらに出てきます。記憶もはっきりしないことも出てくるでしょう。

 

自分自身におきかえても、他人事ではすまされない時代です。そういう意味におきましても、
早い段階から社会福祉全般の法律、ルール、など学んでおきたいという人も増えてきています。
社会的貢献、障害者や生活困難者の良きアドバイザーとして、社会福祉士という国家資格は
今注目を集めています。

 

<<管理人から一言>>

 

私、管理人も身内の介護体験がきっかけで、40歳を越えてから通信制の福祉大学に3年次として編入学し、
2年かけて卒業しました。夜遅くまでの仕事をしながらの勉強でしたので、土日に集中して頑張りました。

 

インターネット学習が基本でしたので、少しの時間でも勉強を積み重ねることができ、又時々のスクーリングも
新たな人脈つくりに役立ちました。良識ある社会福祉士が数多く誕生することが、将来の日本が暮らしやすくなる
一つの方法であると感じます。

 

『社会福祉士』の受験資格のある人は特に、更なるスキルアップを目指して、
自宅でもできる『通信講座』で合格されますこと願っています。

 

分離、競争する今までの社会から、お互いが共存、共有、共栄できる社会目指してスキルアップして行きましょう。